金箔・プラチナ箔入り化粧品「露真珠コスメ」シリーズ。トライアルセット
40代から始めるトリプルプラセンタ入り化粧品「露真珠コスメ」トライアルセット販売中!送料無料。100セット限定。

 

プラセンタの噂の真相

生のプラセンタは危険?

最近、生プラセンタを使用したサプリメントや化粧品が注目されているのをご存じでしょうか?
一般的にプラセンタ商品に使用されているプラセンタには加熱処理が施されていますが、
生プラセンタ商品の場合は非加熱製法で抽出されたプラセンタを使用しています。

加熱処理が施されたプラセンタと生プラセンタの違いは有効成分の量です。
熱を加えるとプラセンタが本来持つ30種類以上の有効成分が失われてしまいます。

一方、生プラセンタは加熱処理が施されないので、本来失われるはずの有効成分を全て保つことができます。
従来のプラセンタと生プラセンタと比較した場合、生プラセンタの方が圧倒的に有効成分が多いといわれています。

有効成分が多いということは、効果もそれだけ高いということです。
従来のプラセンタよりも高い効果が期待できることから、生プラセンタを使用した商品が増えています。

しかし、生のプラセンタは危険という情報もあるため、使用を躊躇している人も多いのではないでしょうか。

生プラセンタの危険性は色々なところで叫ばれていますが、まだ誕生して間もないため、
安全とも危険ともいえないのが現状です。

ただ1ついえることは従来のプラセンタの方が安全性がたしかということです。
生プラセンタも加熱処理していないだけで、特殊フィルターによって無菌化処理はしていますが、
熱を加えていないため、どうしても感染症のリスクが気になります。

生プラセンタのサプリメントや化粧品を使用した人から健康被害や肌トラブルに関する報告は見当たらないので、
過度に心配する必要はないかもしれませんが、リスクを避けたい人にはおすすめできる商品ではありません。

実際に生プラセンタの商品を購入する場合は、本当に安全なのか販売元に確認された方がいいでしょう。

生のプラセンタほどではありませんが、栄養成分にこだわるなら馬プラセンタの商品を購入してください。

馬プラセンタは豚プラセンタよりも栄養成分が豊富で、美肌作りに欠かせないアミノ酸は豚の約300倍です。
豚プラセンタでは体験できない美容効果を得られるかもしれません。

ただ、馬プラセンタ商品の使用にあたって1つ問題となるのが価格です。
価格が一気に上がってしまうので、経済的負担が大きくなります。

予算をオーバーするようなら多少質は落ちますが、SPF豚のプラセンタ商品を選びましょう。
SPF豚のプラセンタは通常の豚プラセンタよりも効果が期待できます。

 

 

 

植物性プラセンタではアンチエイジングができない?

「植物性プラセンタではアンチエイジングができない」そんな話は耳にしたことはありませんか?
実はこの噂は本当です。
残念ながら植物性プラセンタ配合の化粧品、サプリメント、ドリンクではアンチエイジングの効果は期待できません。

どうして植物性プラセンタだとアンチエイジングができないのか?

それは動物性プラセンタに含まれている成長因子が植物性プラセンタには含まれていないからです。
細胞を活性化させる働きがなく、若返り効果をはじめ、自律神経を整える効果、更年期障害を改善する効果なども
期待できないと考えてください。

アンチエイジング目的でプラセンタを利用する場合は必ず動物性プラセンタを使った商品を選びましょう。

しかし、だからといって植物性プラセンタの商品を使っても意味がないわけではありません。
植物性プラセンタにはビタミンやアミノ酸、ミネラルなど様々な美容成分が豊富に含まれています。

アンチエイジングはできませんが、美白効果や保湿効果には優れているので、シミやシワ、乾燥など
肌トラブルを重点的に改善したい人にはいいでしょう。

植物性プラセンタに使用されている主な原料はトウモロコシやアセロラ、大豆、ライ麦、アロエ、カッコンなどです。
大豆には女性ホルモンとよく似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンが含まれたタイプの商品であれば、もしかするとアンチエイジング効果が期待できるかもしれません。

さらに植物性プラセンタは動物性プラセンタよりも安全性が高いとされており、副作用の心配がほとんどありません
肌が敏感な人が使用しても肌トラブルを起こす可能性は低く、安心して使い続けることができます。

「動物由来のものはなんだか怖いかも・・・」という人は、植物性プラセンタの化粧品やサプリメントを利用してください。

動物性プラセンタを原料としたドリンクはクセがあり、飲みづらいと感じる人も少なくありません。
一方、植物性プラセンタのドリンクはクセがほとんどなく、飲みやすいです。

プラセンタドリンクの味が気になって続けることができなかった人でも、植物性のものなら続けられる可能性があります。

動物性プラセンタには植物性プラセンタにはないメリットがありますし、
植物性プラセンタには動物性プラセンタにはないメリットがあります。

どちらが優れていると一概に決めつけることはできないので、
動物性プラセンタと植物性プラセンタの特徴を理解した上で自分に合った方を選んでください。

 

 

 

プラセンタでニキビが増えるって本当?

プラセンタには抗炎症作用やホルモンバランス・ターンオーバーを整える働きがあり、
プラセンタ配合の化粧品や健康補助食品を使い始めてからニキビが改善したという人は多いです。

しかし、その一方でプラセンタ商品の口コミを見ていると使い始めてからニキビが増えたという書き込みも見かけます。
実際のところ、プラセンタでニキビが増えることはあるのでしょうか?

結論からいうと基本的にプラセンタが原因でニキビが増えることはありません

プラセンタにはたんぱく質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなど
ニキビ肌を改善するのに必要な成分が含まれています。

炎症している赤ニキビだけではなく、ニキビ跡にも効果も発揮します。
ニキビを悪化させる要素はないので、原因は他のところにあると考えていいでしょう。

大人ニキビの原因はストレスや生活習慣の乱れ、偏った食生活、誤ったスキンケアなど多岐にわたります。
プラセンタではなく、こうしたことが原因でニキビが悪化した可能性が高いです。

そもそもプラセンタに頼り過ぎるのはよくありません。
どんなに素晴らしいプラセンタ化粧品を使用しても、ニキビができやすい生活を見直さなくては治すのは難しいです。

ニキビを治したいなら生活習慣や食生活を見直して、その上でプラセンタ化粧品を使ったり、
プラセンタサプリやドリンクを飲んでください。
そうしないとプラセンタの本来の効果を得ることができません。

ただ、プラセンタ商品を使用すると新陳代謝が向上して、皮脂の分泌が活発になることがあります。
過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせ、ニキビを悪化させる可能性は少なからずありますが、それも一時的なものです。
使い続けていると皮脂の分泌も落ち着き、自然にニキビが減っていくので安心してください。

脂性肌の人はプラセンタを飲むとニキビができやすいといわれていますが、
これも先ほどお話したように一時的なものなので心配する必要はありません。
プラセンタには男性ホルモンの分泌を抑えて、皮脂の量を減らす働きがあるので、脂性肌の人にこそおすすめの成分です。

仮にプラセンタを飲み始めてからニキビが増えた場合は、プラセンタサプリの服用量を減らしてみたり、
毎日飲まずに間隔を空けてみてください。

それでも改善しない時は、プラセンタではなく、他のことが関係しています。
プラセンタが原因だと決めつけずにまずは他に思い当たる節がないか考えてみましょう。

 

 

 

プラセンタで寝つきが良くなる?

プラセンタで寝つきが良くなるという噂がありますが、これは事実です。
実はプラセンタにはリラックス効果があり、睡眠障害の改善に有効だといわれています。

サプリを飲み始めてから熟睡できるようになったという人も多いので、
寝つきが悪くて困っている人は試してみるのもいいでしょう。

不眠と深く関係しているのが自律神経です。
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、
交感神経が優位になると脳が興奮状態に陥ってしまい眠ることができません。

交感神経はストレスの影響を強く受け、嫌なことがあったり、不安なことがあると優位になってしまいます。

寝つきを良くするには、この交感神経の働きを抑えないといけません。
交感神経の働きが抑制されると自然に副交感神経が優位になり、リラックした状態になります。

そこで登場するのがプラセンタです。

プラセンタには自律神経を整えて、副交感神経を優位にする働きがあり、快眠へと導いてくれます。

「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「すぐに目が覚める」といった睡眠トラブルを抱えている人は、
プラセンタでその悩みを改善できる可能性があります。

睡眠薬に頼っている人も多いですが、長期間の服用はおすすめできません。

即効性があるため、頼りたくなる気持ちは分かりますが、
「依存性が強い」「肝臓に負担がかかる」 「ふらつき」「脱力感」「頭重感」「倦怠感」「寝起きが悪くなる」
などといったデメリットがありますし、飲み続けても根本的な解決にはならないです。

あくまでもその場しのぎなので、飲まないと眠ることができません。
こうしたリスクを考えると即効性は期待できませんが、
根本的に安全に改善できるプラセンタを使用した方がいいのではないでしょうか。

そして、プラセンタの効果を高めるためにもちょっとした工夫をしてください。

適度な疲れがないと眠気は襲ってこないので、日中に体を動かすことをおすすめします。
ウォーキングやジョギング、自転車などをして体に適度な疲れを与えると寝つきが良くなります。
ハードな運動は逆に寝つきを悪くさせてしまうので避けましょう。

さらに寝る前にテレビを観たり、スマホやパソコンで遊ぶ人が多いと思いますが、これも眠りを妨げる原因になります。
ブルーライトと呼ばれる光によって脳が覚醒させてしまうので、
寝る1時間くらいはスマホ・パソコン・テレビの画面を見ないようにしましょう。

他にも寝る前にストレッチをしたり、浴槽に入って体を温めるというのも効果的です。

 

 

 

 

Page top

 

 

プラセンタ200
高濃度プラセンタドリンク

 

 

ココロプラセンタ